ワークスタイル

REALFORCEを買いました

投稿日:

システムエンジニアが毎日使うものってなんでしょうか?

そう。キーボードです。

毎日使うものだからこそできるだけいいモノをと思い、高級キーボードと呼ばれる東プレのREALFORCEを購入しましたので、ご紹介します。

なお、購入したのはR2TL-JP4-BKというモデルです。

 

1.なぜREALFORCEなのか

高級キーボードにはREALFORCEの他に、PFUのHHKBと、FILCOのMajestouchが有名です。

REALFORCE

HHKB(Happy Hacking Keyboard)

Majestouch

HHKBは、シンプルなデザインがめちゃくちゃカッコイイんですが、普段からIDEで矢印キーやhomeキー、endキーを多用している僕にはハードルが高すぎました。Fnと他のキーを組み合わせることで矢印キーと同じ動きをするみたいですが、慣れるまで時間がかかりそうです。emacsとかvimとかをメインで使ってる人なら若干ハードル下がると思います。今回は断念しましたが、いつか絶対に購入したい一品です。

正直、Majestouchの茶軸でもよかったんですが、「静電容量無接点式」に惹かれてREALFORCEにしました。他の人のレビューを見ていると、メカニカルのMajestouchは音がうるさいという意見があったので、それも考慮しました。

 

2.どのモデルがよいか

こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

REALFORCEの機能をひとつひとつ細かく説明しており、非常に分かりやすかったです。また、モデルの一覧表があり、色や荷重、キー配列などでフィルタリングできるようになっているので、自分の希望の条件にあったモデルが一発で分かるのがありがたかったです。サイト主様に感謝です。

JIS配列(日本語配列) or US配列(英字配列)

ネットで調べると「US配列がいい」という意見が結構出てくるので、悩みました。Enterキーが近いっていうのは魅力に感じましたし、あとやっぱりキー配列が直感的でプログラミングしやすいというのを体験してみたいなと思いました。ただ、REALFORCEは職場のWindowsで使う予定だったのですが、自宅ではJIS配列のMacbook Proで仕事をしているため、ごっちゃになるのがイヤで結局JIS配列に決めました。

テンキーの有無

ほとんど使ってないので、ないモデルにしました。必要になれば別で買えばいいですしね。テンキーが必要な人って経理の人ぐらいだと思うのですが・・・

変荷重 or 45g or 30g

最初は変荷重一択だと思ってました。小指に近いほうが軽いっていうのがすごく合理的に見えたんですね。けどWASDの荷重が違うと聞いて等荷重にすることに決めました。今は子どもが小さいのでゲームは全くやってませんが、REALFORCEの耐久性を考えると将来的にゲームで使う可能性もあると思ったので。荷重が45gか30gかについては、打鍵感を重視したかったので45gを選択しました。ただ後でも書きますが、実際に使ってみると30gがよかったと思いました・・・

ここまで条件を絞ると、色は黒しかありませんでした。キートップの印刷方式がレーザーの場合は文字がかすれたり、テカったりするらしいんですが、あまり気にしないのと、昇華印刷はお値段が跳ね上がるのでレーザー印刷でよしとしました。静音モデルも費用対効果の面で却下です。

以上の結果、R2TL-JP4-BKが最終的な結論となりました。

 

3.使ってみた感想

かな刻印なしのモデルなので、見た目がスッキリしてていいです。テンキーレスなのもよかったです。右手が楽にマウスまで移動できるようになりました。そしてなにより素晴らしい打鍵感。期待以上のクオリティです。スコスコという打鍵音が気分をのせてくれるので、いつまでもキーをさわっていたくなります。

ただ、いくつか不満点もあります。

まず、R2モデルからの変更点として、最下段のキーはスペースバーが長くなって、その他のキーが少し小さくなっています。購入前は問題ないと思っていたのですが、実際にたたいてみるとかなり影響がありました。例えば、僕は半角入力からかな入力に切り替える時、「かなキー」をよく使うんですが、隣の「変換キー」の押し間違えが多発します。また、エクスプローラーを起動するときやファイル名を指定して実行する時に「Windowsキー」も結構使うんですが、となりの「Altキー」を押してしまいます。慣れるまでが少々つらいですね。

キートップは初日で既にテカリ始めました。

キーボード自体に高さが結構あるので、手首が疲れます。リストレストの購入を検討しようと思います。

 

4.最後に

総合評価は、85点てとこです。

Amazonで¥16,000ぐらいなので、コスパもいいです。高級キーボード初めてなんだけど、という人にぜひオススメしたい一品です。

ただし、「かなキー」や「Windowsキー」を多用している人は、R2ではなく初代のモデルの方がいいでしょう。キートップはお好みで。

では、よいエンジニアライフを。

-ワークスタイル
-, ,

Copyright© 私のパパはフリーランス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.